ソファ-の引越し

最も簡単に格安にソファーを運ぶ方法

ソファ 引越し

お気に入りのソファーは新居にも持って行きたい。
でも、大きなソファーは運ぶときには厄介な家具になりますね。

 

ソファー 引越し

電動リクライニングソファーは1台で約45kgもあり、3連となると120kgを超えるものも。
ちょっと動かすつもりで引きずったら、床を傷付けてしまいますね。

 

ソファ 引っ越し

・家の中でソファーを移動させたい。
・ソファーを知人にあげたい。

引越し以外のそんな依頼でも、ぜひ引越し業者にご依頼ください。
ソファーを運んでくれそうなのは、引越し業者と宅配業者、それに便利屋くらいです。

 

その中で圧倒的に数が多い引越し業者は、費用が安くなるチャンスがあります。
引越し業者は、大きな家具だけを運ぶとか家の中で移動させるなどのサービスも行っています。
しかし、どこの業者で引き受けてくれるのか心配ですね。

 

ソファ 引越し

 

それは引越し業者一括見積もりすれば、簡単に見つけることができます。

 

しかも、同じ条件でまとめて見積もりすることで相場はもちろん、1番安い業者を探すのも簡単です。

 

レンタルトラックを借りて自分で何とかしようと思うかもしれませんが、床や壁を傷付けてしまったり、怪我をしてしまっては元も子もありません。

 

引越しはもちろん、ソファーだけを運びたいときでも引越し業者一括見積もりを利用して、お得に運んでくださいね。

 

ソファ 引越し

 

 

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

 

引越しの繁忙期とは

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には繁忙期というものがあります。
1年で一番引越しが多いのは3月で他の月とは比べものにならないほどの引越しがあるのです。

 

なぜ3月が繁忙期なのでしょうか?
それは受験戦争を終えた新大学生や就職活動を終えた新社会人が、新学期にむけて一斉に引越しするからです。
さらにそれだけではありません。

 

春の人事異動により、転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越しも3月に重なるのです。
これらの引越しが3月に集中するのですから、それはもう引越し業者は大忙しです。

 

場合によっては、引越し業者に依頼を断られることもある、そんな時期なのです。
もし繁忙期に引越しするのであれば、新居が決まったらすぐに見積もりを取って業者をおさえておきましょう。

 

複数の引越し業者からまとめて見積もりが取れる一括見積もりが便利でオススメです。

 

 

引越しの手順を知っておこう

 

引越しの手順

 

引越しのおおよその手順を把握しておくと当日までに余裕ができます。
ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しの時は、引越し業者を早く決めてしまいたいですね。
しかし残念ながら新居が決まるまでは、見積もりを取っても正確な価格は出せません。

 

なぜなら4階でエレベーターがない物件への引越しはエレベーターありの物件よりも時間がかかりますから、費用もその分上乗せされるのです。
新居が決まったら引越し業者に見積もりを取りましょう。

 

もし引越し費用を抑えたいならできるだけ荷物を減らしましょう。
不用品を新居に運ぶ費用もバッチリかかるので、不用品は引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出することができます。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越し日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで計算してくれます。
大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、ガス会社に確認しておきましょう。
新居が市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は荷物運送は業者にお任せして、大きな家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしておくと、引越し業者も助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などの住所変更も必要です。
それぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。

 

 

引越しのあいさつに行きましょう。

 

引っ越しあいさつ

 

引越しをすると挨拶に行くべきか迷いますが、新居での生活を考えたら絶対に行くべきです。
最初くらいしか挨拶に行くチャンスはなかなかないものです。

 

一軒家はご近所付き合いが欠かすことができませんので、必ず挨拶に行きましょう。

 

集合住宅、マンションやアパートでも隣や上下にどんな人が住んでいるのかを知っておいた方が良いです。
生活音は案外気になるものですから、印象を少しでも良くしておきたいですね。

 

では、いつ挨拶に行くのがいいのでしょうか?

 

引越ししたその日に行くのが一般的なのだそうです。
遅くても引越し翌日には行きましょう。

 

なぜなら引越し作業で道路をトラックが塞ぐこともありますし、足音や物音でドタドタとうるさいこともあります。
引越ししてきた挨拶とともに、引越し作業でうるさくして申し訳ありませんというお詫びの気持ちが感じられるのは引越し当日なのです。

 

それに挨拶を先送りすると、だんだん「行かなくてもいいか・・・という気持ちになること、バッタリ廊下や階段、道路で会ってしまいタイミングを逃すことがあります。
引越しの前日、引越し日、遅くとも翌日に挨拶に行きましょう。

 

どこまであいさつに行くのかと言うと一軒家は向こう3軒両隣、マンションやアパートは左右上下の部屋です。

 

できれば500円くらいの粗品を用意しておくといいです。
粗品はお菓子、お茶、タオル、洗剤などの消耗品が人気です。

 

ほかにも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどこれからお世話になる可能性が高い方が近くにお住いであれば、挨拶に行っておくといいですよ。

 

 

引越しのオプションとは何でしょう?

 

ソファ 運ぶ オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション費用」とは何でしょう?

 

引越し費用のオプションとは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

 

エアコンはコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って素人では運び出すことが出来ません。
なぜなら室外機ともつながっているためです。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、当然新居にも持って行きたいと思うでしょう。

 

引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

運転が得意な人であれば、車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるでしょう。
しかし場合によっては長距離を1人で運ばなければならない場合もあります。

 

そんな場合は時間に余裕があって、運転が得意で、体力にも自信がないとできません。
出来ない方は「車の陸送」を引越し業者のオプションで依頼することができるのです。

 

ピアノは大きくて高価な楽器ですから、どこのお宅にもあるものではありません。
もしも破損させた場合は大損害になるので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

引越し用ダンボールの入手方法

 

引越し ダンボール

 

引越しには大量のダンボールが必要となりますが、どうやって調達しているのでしょう?

 

引越し業者と契約をすると、最初にダンボールを大量にプレゼントしてくれるサービスがあります。
この時に貰えるダンボールの数は業者によって異なりますが、大手だと50個などと謳っています。

 

これは助かりますね。

 

しかし荷物の多いご家庭や、家族の多いご家庭ですとダンボールが50個でも足りないこともあり、その場合はどこかから調達する必要があります。

 

ダンボールは昔はスーパーで貰うことができましたが、今はレジ袋の有料化でダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになり、「一度に大量の持ち帰りをお断りします」という注意書きがあったりします。

 

1人で大量に持ち帰られると店内にダンボールを補充する人の負担が大きくなるので、お店にも迷惑がかかります。

 

もしスーパーで貰えない場合は、比較的まだゆるいドラックストアでも聞いてみましょう。

 

どうしても無料で調達できなかった場合は、引越し業者に相談して有料で追加購入したり、ネットやホームセンターなどで買いましょう。
大きいものの方が良い気がしますが、それよりも素材の厚みに注意しましょう。
薄いダンボールは底が抜けやすくて危険ですから、入れすぎないようにしてくださいね。